Tu Make!!
豪華客船鍼灸師 移住計画

86カ国旅した僕のオススメの国ランキング 5位~1位

スポンサードリンク

5位 ノルウェー

クルーズでオスロにしか行っていませんが、それだけでもノルウェーはランキング上位です。というのもThe best Coffee Roasterがオスロにあるからです!!
コーヒー好きは絶対にTim Wendelboeへ訪れGeisha種のコーヒーを飲んでみてください!今まで飲んだコーヒーの中で群を抜いて美味しいです!Geishaの豆が置いてない時期もあるそうなので運が良ければ巡り会えます。
他にも日本にも店舗があるFuglen, アットホームでコーヒーの美味しいMoccaなどもあるのでカフェ巡りに何日かけても飽きません。

ノルウェーには他にもフィヨルド、アルプスといった自然もあるのでもう一度訪れたい国です。
しかし物価が高いのが若干難点ですね。250gのGeisha種の豆2つとコーヒーを飲んで約8500円、駅の近くのレストランでグリルのサーモンを食べて約3000円でしたので長期滞在には厳しいです。

4位キューバ

アメリカとの国交正常化を機に今後アメリカの文化がキューバに入っていってしまい、今のキューバを味わえるのは今だけと言われています。
キューバの魅力といえばハバナの街並み、クラッシックカーと音楽ではないでしょうか?
街並みは趣があり一日中歩いていても飽きません。
ローカルの人もとてもフレンドリーで、夜のレストランでは生演奏のラテン音楽を聴きながら食事をするのは最高です!
キューバではロブスターを安く食べることができるのでロブスター好きの方は食べ尽くしましょう!
夜の観光は若干気をつける必要がありますが、警官も巡回しているのでとても危険というわけではありませんが、夜の小道で誰かに後をつけられたので注意は必要です。
あまり警戒しすぎるのもよくありませんがバーやレストランのあるところは人が多く安全に感じました。

他にも綺麗な田舎町のトリニダードは是非訪れるべき。
ビーチがそこそこ綺麗なバラデロもハバナからバスで2時間ほどなのでトリニダードからハバナへ帰る途中に寄るといいかと思います。

3位コロンビア

コロンビアといえばコーヒー!!この国に行った目的はコーヒー農園を回るため。
実際にコーヒー農園に宿泊することも出来るのでコーヒー好きはコロンビアに行きましょう!
まず、コーヒー農園が多くあるサレントには必ず訪れるべきです。こじんまりとした可愛らしい街並みがあり、いい感じの宿も多くありますが泊まるならぜったいCasa La Elianaです!
マキネッタで淹れたコーヒーが飲み放題です。宿にはハチドリも来てハンモックもあり一日中宿でくつろぐことが出来ます。

サレントからバスでマニサレスに移動しHacienda Veneciaというコーヒー農園内にあるホテルに宿泊することも出来ます。
歩いてコーヒー農園を回ることが出来、ちょっとしたセミナーを受けることも出来ます。
生のコーヒーの実も試食でき貴重な体験ができます。

2位 ニュージーランド

クルーズで何度も訪れたニュージーランド!北島、南島のいくつかの港に立ち寄り移住を決定するほど魅力的な国!!
ニュージーランドの魅力は自然が豊かなところですね!アウトドアが好きな人でしたら大好きになるのではないでしょうか?
自然が豊かだからと行ってすごく田舎というわけではありません。ちゃんとたまに不安定なwifiがあります。
オークランドやウェリントンといった都会もあるので自然が好きだけどある程度便利な街に住みたいという方にはそういった街が、自然の中でゆっくりと暮らしたいという人にはタウランガ、ネイピア、ギズボーン、ピクトン、アカロアといった街もあるのでオススメです。
時間のある人は南島にフィヨルドもあるので、数日かけてのトレッキングとクルージングを楽しむのもありです!

全体的にニュージーランドは田舎ですので便利さを求めているならこの国は向きません。
オークランドでさえカフェが3時に閉まってしまい、レストランも10時には閉まっている。9時に閉店してしまう店も多くあります。

1位 スイス

自然、街並み、環境への配慮全てにおいて最高です!強いていうなら物価が高すぎるのが難点。wifi使うためにバーガーキングで3000円使うほどです。
有名どころといえばチューリッヒ、ベルンやマッターホルンといった有名な観光スポットは多くあります。
しかし、お勧めしたいのはBraunwaldです。ここへはゴンドラを乗って向かう必要があるのですが車の乗り入れが環境保護の面から禁止されています。
そこで見る星の綺麗さはすごいです!朝起きた時に広がっているのはハイジの世界です。
朝のNespressoのコーヒー一杯でさへ最高のコーヒーに変貌してしまいます。
日本ではまだ有名ではありませんが、ハイキングをするには最高です!
トレッキングが好きであればスイスからいけるシャモニーモンブランへ足を運ぶのもお勧めです。
スイスに移住したかったですがスイスの公用語はドイツ語、フランス語、、イタリア語、ロマンシュ語の4つあるので難しいです。
ジュネーブに住むのであれば英語のみでいいようです。

 

以上オススメの国10位でした。
有名な観光地もいいですが、マイナーな観光化が進んでいないところの方がよりその国らしさを感じることが出来ます。
特にBraunwaldは本当にオススメです!