Tu Make!!
豪華客船鍼灸師 移住計画

クルーズで世界を旅した鍼灸師がお勧めするビーチ5選

スポンサードリンク

3年間豪華客船で働き色々な国、街、海を見てきました。
その3年間でとてつもなくきれいな海をいくつも見てきています。
その様々なビーチからBEST 5のビーチを紹介していきます。

5位 カリブ海

どこのビーチも大抵綺麗です!!
カリブ海の海はエメラルドグリーンで透明度は低いですが眺める分にはとても綺麗です。
ジェットスキーやパラセーリングといったアクティビティも豊富なのでアクティビティを楽しみたい人にとってはベストなのはカリブ海です。
メキシコのCozmelはビーチリゾートが多数ありドリンク片手にゆっくりでき、ここの海の透明度は高くダイビングは非常に楽しいです。
ほかにケイマン諸島のGrand CaymanにもHiton Hotelのビーチに立ち寄ってしばらく過ごすのもありです!
Grand Caymanのダイビングはアトラクション要素があってオススメです!!
同じくケイマン諸島のGeorge Townのビーチもエメラルドグリーンで眺めているだけでも楽しめます。

4位 シャンパンベイ

72の島からなるバヌアツ共和国の1つに島にあるシャンパンベイはコバルトブルーの綺麗な透き通った海に真っ白なビーチがあります。島の中にはブルーホールもありビーチ以外にも楽しめる要素が多いです!
バヌアツは発展途上国で観光地には物売りがや多いかもしれませんが少し離れればバヌアツの田舎の良さを楽しめます。
日本からは非常に行き辛いバヌアツ共和国ですが、シャンパンベイに行くにはクルーズを利用するのが一番手っ取り早いと思われます。

3位 マレ(ニューカレドニア)

天国に一番近い国ニューカレドニア。オーストラリアから1200km東にあるフランス領の島です。本島、ロイヤルティ諸島、イルデパン島、チェスターフィールド諸島からなっています。
マレははロイヤリティ諸島の内の1島で本当のヌメアから飛行機で行くことも可能です。
Skyscannarでは検索結果が出ませんがair caledonieでヌメアからマレまで1万2千円ほどで行くことが出来ます。
海の透明度が抜群に良く観光化があまりされていないのでゆっくり過ごすにはもってこいです。
クルーズ船も良く寄港する島なのでクルーズ船がいる時はやや騒がしくなるかもしれませんがオススメです!!!

2位 イル・デ・パン(ニューカレドニア)

再びニューカレドニアの島です!イル・デ・パンのビーチも本当に綺麗です。
コテージもありマレよりもやや観光化はされていますが、便利な生活と綺麗な海を求めているのでしたらマレよりもイル・デ・パンのほうがオススメです。

マレのビーチは綺麗な典型的なビーチですが、イル・デ・パンのビーチは弧になっていて若干秘境のような雰囲気も楽しめてしまいます。
この島もair caledonieで8千円ほどで行くことが出来ます。
このイル・デ・パンとマレはクルーズで両方同時に行くことができるのでクルーズで一度行って好きだった島に次回ゆっくり過ごすというのもありかもしれないですね。
Royal Carribean CruiseのVayager of The Seasという大きめの船やCarnival CruiseのSpritが10日間ほどのクルーズで10万円ほどでイル・デ・パンとマレの両方を行くのでクルーズ旅行もオススメです!

1位 ボラボラ島

第2位のイル・デ・パンとどちらが綺麗か非常に迷いましたがボラボラ島の海を見た時の感動はすごかったです。
タヒチ島から260km離れた島で日本からもツアーが多くあります。
個人で行くと飛行機代が高くなるのでツアーを使った方がいいかもしれません。
観光化もハワイのようにされてはいないですが、人気のあるボラボラ島なので交通の便や食については他のイル・デ・パンやマレよりもよかったともいます。
リゾートホテルも多数ありスパでマッサージを受けたり、ビーチでお酒を飲みながらゆっくりするには最適です。
ハネムーンで訪れるのが人気のようです。

 

もう一度行きたいところはやはりボラボラ島イル・デ・パンです!!
前回はクルーズで1日のみしか滞在していなかったので夜のビーチを楽しんでいません。
ボラボラ島であればホテルのディナーを他の滞在客と楽しむことが出来、イル・デ・パンであればコテージで食事を済まし、ビーチに行けばゆっくり波の音を楽しめるのではないでしょうか?